• このエントリーをはてなブックマークに追加

DHAとEPAについて

2016/06/22 20:04
DHAはドコサヘキサエン酸のことで、EPAはエイコサペンタエン酸のことです。 DHAやEPAは必須脂肪酸といわれるものの一つで、ω3系不飽和脂肪酸とも呼ばれ、私たちの体にはなくてはならないものです。 しかしながら、体内で生成されるものではありませんので、きちんと摂取する必要があります。 DHA・EPAは、さばやあじ、いわし、まぐろ、かつおなどの背中が青い魚いわゆる青魚に多く含まれており、青魚を食べることにより摂取することができます。 ところが、青魚に..

続きを読む

ユーグレナに含まれる不飽和脂肪酸について

2016/06/22 11:07
ユーグレナは、EPA・DHAをはじめとする11種類の不飽和脂肪酸をバランス良く含んでおります。 以下は、ユーグレナに含まれる不飽和脂肪酸の解説です。 DHA(ドコサヘキサエン酸) 中性脂肪の低下 中性脂肪の生成を抑制し、肝臓での分解を促進します。 そのほか、アトピー性皮膚炎を改善し、視力を向上させ、脳の活性化・働きをよくし、脳内の情報伝達の役割をしているシナプス(神経細胞)を活性化させ、判断力や集中力を高め、痴呆症を予防・改善します。 ..

続きを読む

もっと見る

ユーグレナとはなんでしょうか?

ユーグレナとは?

ユーグレナを食べてみた

ユーグレナ社の未来ビジョン