酵素を働かせるにはビタミンとミネラルが必要です!

2016/06/19 23:10
酵素を働かせるにはビタミンとミネラルが必要です! わたしたちの身体は、わたしたちが毎日食べる食物が姿を変えたものなのです。 心臓、肺、胃腸といった内臓から血液にいたるまで、身体のすべてはタンパク質、脂質、糖類が酵素によって変換されて形成されたものなのです。 したがって、栄養素を分解し、身体に必要な部品に自由自在に変換する酵素は、「生体の魔術師」と言うことができます。 この酵素は単独で働くものもありますが、補因子という協力者の助けを必要とするものもが多い..

続きを読む

ユーグレナに含まれるビタミンEについて

2016/06/19 23:01
ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一種です。 ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれ、特に D-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成されます。 ビタミンEは、医薬品、食品、飼料などに、疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として、広く利用されています。 ビタミンEはメチル基の位置によって8つの異性体があり、それぞれの生物学的活性が異なります。 ヒトではD-α-トコフェロールがもっとも強い活性をもち..

続きを読む

ユーグレナに含まれるビタミンD について

2016/06/19 20:03
ビタミンD は、ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類されます。 ビタミンDは、さらにビタミンD2とビタミンD3に分類できます。 ビタミンD2は植物に、ビタミンD3は動物に多く含まれ、ヒトではビタミンD3が重要な働きを果たしています。 ビタミンDには、血中のカルシウム濃度を高める作用があります。 また、ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されています。 ビタミンDは、コレステロールから人体内で合成ができるのでビタミンではないという意見があり..

続きを読む

ビタミンCについて

2016/06/19 19:50
ビタミンC は、水溶性ビタミンの1種です。 化学的にはアスコルビン酸のL体のみをさします。 ビタミンCを欠いた食事を続けていると、正常なコラーゲン合成ができなくなり壊血病を引き起こします。 ビタミンCは、水溶性で強い還元能力を有しており、活性酸素を消去します。 ビタミンEは脂溶性で活性酸素を消去する能力があるのですが、ビタミンCはその能力を失ったビタミンEを再生させることができます。 我々はアスコルビン酸を体内で合成できないため、ビタミンCは必須..

続きを読む

ビタミンB群について

2016/06/19 19:23
体内にはホモシステインというアミノ酸の派生物質があり、これが動脈に打撃を与えている。 この物質はメチオニンというアミノ酸から生成される。 メチオニンは、含硫置換基移動と呼ばれる過程でホモシステインに変化する。 最近の研究では、ホモシステインが心臓病の危険性を決定づけるカギであることが立証された。 ホモシステイン値が高いと体内の解毒作用が低下するので、身体に様々な障害がでる危険性がある。 ホモシステインには、ビタミンB6を利用して別の重要なアミノ酸..

続きを読む

ユーグレナに含まれる14種類のビタミン

2016/06/10 19:14
ユーグレナに含まれる14種類のビタミンを紹介します。 ビタミンA(α-カロテン、β-カロテン) 皮膚や粘膜を健康に保つために必要なビタミンです。 視覚や目の健康を守る働きもあります。 細胞を正常に分化させるため、子どもの成長には欠かせない栄養素で、発ガン予防にも有効とされています。 ビタミンB群 ビタミンB群には、8種類のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があります。 ..

続きを読む

もっと見る

ユーグレナとは?

ユーグレナ社


1.png 2.png 3.png 4.png 5.png

小林製薬のユーグレナ


小林製薬2.png

小林製薬本社ビル

小林製薬本社ビル 小林製薬株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区
設立 1919年(大正8年)8月22日
資本金 34億5,000万円(2013年3月現在) 従業員数 連結2,204人、単体1,097人(2013年3月)

ヒット商品
「アンメルツ」「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」 「サラサーティ」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」 「消臭元」「ケシミン」「ナイシトール」などの製品を開発し、 テレビCMの放映も相まって、ヒット商品となっています。

スローガンは「"あったらいいな"をカタチにする」
小林製薬は、「今までになかったもの」を作ることをモットーとしています。

小林製薬のサプリメント(栄養補助食品)において特筆すべきは、 医薬品と同等の管理基準を設け、パッケージには全成分を表示し、 着色料・香料・保存料などを無添加としていることです。
小林製薬の言う「製薬会社品質」は、このことを謳った言葉です。