ユーグレナの吸収率

ユーグレナの栄養吸収率は植物の倍以上!

野菜などの植物から栄養を摂取する場合、よく噛んでも体内への消化吸収率はせいぜい40%前後と言われています。

これは、植物の細胞には「細胞壁」があるため、栄養素を吸収しづらいからです。

我々はこの「細胞壁」を分解するセルラーゼという酵素を持っていません。

一般的に、生野菜を食べるより火を通した方が栄養を吸収しやすいと言われているのはこのためです。

吸収率.png


ユーグレナは植物性の栄養素を豊富に含んでいますが、動物の細胞と同様に「細胞壁」がありません。

そのため非常に消化吸収されやすく、栄養素を効率的に摂取できます。

その吸収率はなんと93.1%です!!

我々は、ほとんどの栄養素を吸収できるのです。

この吸収率は驚異的です。

ユーグレナは59種類の豊富な栄養素を含んでおり、我々はこの栄養素を細胞壁に邪魔されることなく効率的に体内に取り込めます。


これは、すごいことですね。
=====================================
コラム記事
吸収率93.1%がどうしてスゴイ?
=====================================

次頁のテーマは、「ユーグレナは59種類もの栄養素をバランス良く含んでいます」です。

ユーグレナとは?

ユーグレナ社


1.png 2.png 3.png 4.png 5.png

小林製薬のユーグレナ


小林製薬2.png

小林製薬本社ビル

小林製薬本社ビル 小林製薬株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区
設立 1919年(大正8年)8月22日
資本金 34億5,000万円(2013年3月現在) 従業員数 連結2,204人、単体1,097人(2013年3月)

ヒット商品
「アンメルツ」「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」 「サラサーティ」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」 「消臭元」「ケシミン」「ナイシトール」などの製品を開発し、 テレビCMの放映も相まって、ヒット商品となっています。

スローガンは「"あったらいいな"をカタチにする」
小林製薬は、「今までになかったもの」を作ることをモットーとしています。

小林製薬のサプリメント(栄養補助食品)において特筆すべきは、 医薬品と同等の管理基準を設け、パッケージには全成分を表示し、 着色料・香料・保存料などを無添加としていることです。
小林製薬の言う「製薬会社品質」は、このことを謳った言葉です。