石垣島のユーグレナ

ユーグレナ(ミドリムシ)のサプリはさまざまな種類が発売されていますがどこを選べばいいかすっごく悩みますよね。 サプリメントを選ぶときに重視するところは、「信頼性」「有効成分の含有量」および「価格」ではないでしょうか?   信頼性の面からお勧めするのは、断然次の3つです 1.ユーグレナ・ファームの緑汁 1箱[3.5g×31本入り] ユーグレナグラシリス含有量:500mg/3.…

続きを読む

ユーグレナは59種類もの栄養素をバランス良く含んでいます

その内訳は、ビタミン14種類、ミネラル9種類、アミノ酸18種類、不飽和脂肪酸11種類、パラミロンなどの特殊成分7種類です。 59種類もの栄養素を一度にバランス良く摂取できるので、それぞれの栄養素の相互作用による相乗効果を得ることができます。 しかも、ユーグレナの吸収率(消化率)は驚愕の93.1%です。 これは、植物の吸収率の倍以上です。 また、不足しがちなビタ…

続きを読む

どうして今、ユーグレナなのでしょうか?

ユーグレナ(Euglena)は、 ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。 5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物です。 1,660年代オランダの「微生物学の父」と言われた アントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。 ユーグレナは、べん毛の近くに、光を感じるきれいな赤い点(眼点)を1つ持っています。 この赤い点が美しい瞳に見…

続きを読む

ユーグレナって何?

ユーグレナの和名はミドリムシで、名前に「ムシ」と付くので「虫」をイメージしてしまいがちですが、虫ではなく藻に分類されます。 ユーグレナ植物門、ユーグレナ藻綱、ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間です。 5億年以上前に地球で初めて生まれた微細藻類の単細胞生物です。 とても珍しいことに、ユーグレナは動物性と植物性の両方の性質を持っています。 つまりユーグレナは、動物でもあ…

続きを読む

ユーグレナは植物と動物の両方の性質を持っています

ユーグレナユーグレナは地球上で唯一、植物と動物の両方の性質を持っています。 植物のように体は緑色で、葉緑体を持っていて、光合成を行って栄養分を体内に蓄えます。 そして動物のように細胞を変形させて移動することもできます。 動物的要素から、鞭毛(べんもう)運動をします。 鞭毛という表面にある糸状の突起を使って動くのです。 (参考画像の矢印がつけられている部分…

続きを読む

スーパーフードとして注目されるユーグレナの歴史

とっても小さいユーグレナですが、永く深い歴史があります。 ユーグレナは、5億年以上前に原始の地球で誕生しました。 そして1660年代に「微生物学の父」と称されるアントニ・ファン・レーウェンフック氏によりオランダで発見されました。 「ユーグレナ」という名はレーウェンフック氏によって命名され、ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味を持っています。 …

続きを読む

ユーグレナの吸収率

ユーグレナの栄養吸収率は植物の倍以上! 野菜などの植物から栄養を摂取する場合、よく噛んでも体内への消化吸収率はせいぜい40%前後と言われています。 これは、植物の細胞には「細胞壁」があるため、栄養素を吸収しづらいからです。 我々はこの「細胞壁」を分解するセルラーゼという酵素を持っていません。 一般的に、生野菜を食べるより火を通した方が栄養を吸収しやすいと言われているのはこ…

続きを読む

ユーグレナに含まれる独自の成分「パラミロン」について

パラミロン1ユーグレナに含まれる「パラミロン」は、アガリクスなどのキノコ類にも含まれているβ-1,3グルカンの一種で、ユーユレナに特有の天然物質です。 これは、ユーグレナだけにしか含まれていないと言われる大変貴重な成分で、ユーグレナの総重量の約10%を占めています。 光合成によってつくられた糖を効率よく貯蔵するために作られていると考えられており、この成分は螺旋(らせん)が絡ま…

続きを読む

ユーグレナ含有量1,040mgのサプリメント

ユーグレナ(ミドリムシ)のサプリはさまざまな種類が発売されていますがどこを選べばいいかすっごく悩みますよね。 サプリメントを選ぶときに重視するところは、「信頼性」「有効成分の含有量」および「価格」ではないでしょうか?   信頼性の面からお勧めするのは、断然次の3つです 1.ユーグレナ・ファームの緑汁 1箱[3.5g×31本入り] ユーグレナグラシリス含有量:350mg/3.…

続きを読む

DHAとEPAについて

DHAはドコサヘキサエン酸のことで、EPAはエイコサペンタエン酸のことです。 DHAやEPAは必須脂肪酸といわれるものの一つで、ω3系不飽和脂肪酸とも呼ばれ、私たちの体にはなくてはならないものです。 しかしながら、体内で生成されるものではありませんので、きちんと摂取する必要があります。 DHA・EPAは、さばやあじ、いわし、まぐろ、かつおなどの背中が青い魚いわゆる青魚に多く含…

続きを読む

ユーグレナに含まれるリンについて

リンは体内のミネラルの中でカルシウムの次に多い栄養素です。 成人の体には最大850gのリンが含まれています。 体内のリンは、その85%がカルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になっていて、残りの15%は筋肉、脳、神経などの様々な組織に含まれ、エネルギーをつくり出す時に必須の役割をしています。 すなわち、リンは、遺伝情報の要である DNA や RNA のポリリン酸エス…

続きを読む

ユーグレナに含まれるパラミロン以外の特殊成分

ユーグレナに含まれるパラミロン以外の特殊成分を紹介いたします。 クロロフィル 植物や藍藻(らんそう)類に含まれる緑色の脂溶性色素です。 植物が太陽エネルギーを利用して、二酸化炭素から糖類を合成する光合成に不可欠な成分です。 体内でヘモグロビンの生成を助けて造血作用を促進するほか、貧血の予防・改善、殺菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用、コレステロール値の減少によって血中脂質…

続きを読む

ユーグレナに含まれる不飽和脂肪酸について

ユーグレナは、EPA・DHAをはじめとする11種類の不飽和脂肪酸をバランス良く含んでおります。 以下は、ユーグレナに含まれる不飽和脂肪酸の解説です。 DHA(ドコサヘキサエン酸) 中性脂肪の低下 中性脂肪の生成を抑制し、肝臓での分解を促進します。 そのほか、アトピー性皮膚炎を改善し、視力を向上させ、脳の活性化・働きをよくし、脳内の情報伝達の役割をしているシナプス…

続きを読む

アミノ酸とタンパク質について

タンパク質は生物の体を構成している主な成分であり、細胞の主成分でもあります。 またタンパク質は、生きていく上で非常に重要な機能を果たすものです。 例えば、人間であれば筋肉や内臓などの構成成分であり、皮膚の色やお酒に強いか弱いかなどの性質を決めているのもタンパク質です。 さらにホルモン、酵素、コラーゲン、ケラチンなど生物活動を担うタンパク質は10万種類以上もあります。 …

続きを読む

ユーグレナに含まれる18種類のアミノ酸について

ユーグレナには、18種類のアミノ酸がバランス良く含まれています。 アミノ酸バランスを表す指標として、「アミノ酸スコア」という評価方法があります。 その理想値は、100です。 ユーグレナのアミノ酸スコアは、83! 乳製品や肉などの動物性食品は100、植物性食品は例えば「じゃがいも73」「とうもろこし31」です。 ユーグレナは、植物性と動物性の性質を兼ね備えてい…

続きを読む

ユーグレナの吸収率が93.1%であることが、ホントにスゴイ?

ユーグレナの吸収率は、なんと脅威の93.1%です。 だからどうした!それが何だ!と、思われるかもしれません。 吸収率93.1%のスゴサは、きっと、下記説明でご理解いただけると思います。 「身体の内と外」って、わかりますか? 口をあけて指を入れてみてください。 身体の外と口の中がつながっているのがわかりますね。 では、「口」から「食道」、食道から「胃袋」…

続きを読む

ユーグレナに含まれる銅について

銅は、鉄から血液中の赤血球がつくられるのを助ける栄養素です。 体の中には骨、骨格筋、血液を中心として成人で約80mg存在しています。 赤血球中のヘモグロビンという赤い色素は鉄を成分としていますが、銅はこのヘモグロビンをつくるため鉄を必要な場所に運ぶ役割をしています。 このため鉄が十分にあっても銅がなければ、赤血球はうまくつくれないため貧血になってしまいます。 また、銅は体…

続きを読む

ユーグレナに含まれる鉄について

鉄の生物学的役割は、非常に重要です。 赤血球の中に含まれるヘモグロビンは、鉄のイオンを利用して酸素を運搬しています。 ヘモグロビン1分子には4つの鉄(Ⅱ)イオンが存在し、それぞれがポルフィリンという有機化合物と錯体を形成した状態で存在しています。 この錯体はヘムと呼ばれています。 ヘモグロビンと酸素分子の結合は弱く、筋肉のような酸素を利用する組織に到着すると容易に酸素…

続きを読む

ユーグレナに含まれる亜鉛について

亜鉛は、体内に約2g存在しています。 亜鉛は広く細胞全体に存在し、DNAや蛋白質の合成に関与しています。 血漿中の亜鉛は、ほとんどアルブミンなどの蛋白質と結合していて免疫機能に関係します。 また糖代謝にも必要で、インシュリンの合成や作用発現に必須のミネラルです。 亜鉛が不足すると、子供では成長障害、鉄欠乏性貧血などが起こります。   大人では 皮膚炎、脱毛症、…

続きを読む

ユーグレナに含まれる植物ミネラルについて

我々人間は、体内でミネラルを作り出すことができません。 つまりミネラルは、外部から補給する以外ありません。 「じゃあ、つまりミネラルをたくさん摂ればいいのね!」と、「たくさんのミネラルを、サプリメントで摂取しよう」と、お思うのはやめてください。 危険です。 「ミネラル」と一口にいっても、種類があります。 ミネラルのタイプには、大きくわけて2種類あります。 …

続きを読む

ユーグレナに含まれるマグネシウムについて

心臓病を予防する物質の一つが、マグネシウムです。 この天然のミネラルは、魚介類、オオムギ、ホウレンソウなどに含まれています。 マグネシウムは健康の維持に欠くことのできない栄養素の一つです。 マグネシウムは体を安定させ、リラックスさせる効果を発揮します。 食事から摂るマグネシウムの不足は、心臓病、糖尿病、慢性疲労症候群、喘息、筋肉の痙攣、偏頭痛などの原因になります。 …

続きを読む

ユーグレナに含まれるカルシウムについて

カルシウムは、人間が体をバランスよく構成し健康をキープするために欠かせない栄養素です。 その理想摂取量の目安は以下のとおりです。 ・0歳児:200ミリグラム(1日当り) ・6ヶ月~5歳:500ミリグラム(1日当り) ・小学校低学年:600~700ミリグラム(1日当り) ・小学校高学年:700~900ミリグラム(1日当り) ・中学校~高校:700~900ミリグラム(1日当り) ・…

続きを読む

ユーグレナに含まれる9種類のミネラル

ユーグレナは光合成により成長する植物的性質を持つ生き物なので、含まれるミネラルはすべて植物ミネラルです。 植物ミネラルについての参照記事⇒ カルシウム 人体にも一番多く存在するミネラルです。 リン、マグネシウムとともに、歯や骨を形成する主成分です。 しかし、体には吸収されにくい栄養素のひとつであるため、吸収率を上げるための効果的な組み合わせなどを工夫する必要…

続きを読む

酵素を働かせるにはビタミンとミネラルが必要です!

酵素を働かせるにはビタミンとミネラルが必要です! わたしたちの身体は、わたしたちが毎日食べる食物が姿を変えたものなのです。 心臓、肺、胃腸といった内臓から血液にいたるまで、身体のすべてはタンパク質、脂質、糖類が酵素によって変換されて形成されたものなのです。 したがって、栄養素を分解し、身体に必要な部品に自由自在に変換する酵素は、「生体の魔術師」と言うことができます。 この…

続きを読む

ユーグレナに含まれるビタミンEについて

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一種です。 ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれ、特に D-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成されます。 ビタミンEは、医薬品、食品、飼料などに、疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として、広く利用されています。 ビタミンEはメチル基の位置によって8つの異性体があり、それぞれの生物学…

続きを読む

ユーグレナに含まれるビタミンD について

ビタミンD は、ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類されます。 ビタミンDは、さらにビタミンD2とビタミンD3に分類できます。 ビタミンD2は植物に、ビタミンD3は動物に多く含まれ、ヒトではビタミンD3が重要な働きを果たしています。 ビタミンDには、血中のカルシウム濃度を高める作用があります。 また、ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されています。 ビタミ…

続きを読む

ビタミンCについて

ビタミンC は、水溶性ビタミンの1種です。 化学的にはアスコルビン酸のL体のみをさします。 ビタミンCを欠いた食事を続けていると、正常なコラーゲン合成ができなくなり壊血病を引き起こします。 ビタミンCは、水溶性で強い還元能力を有しており、活性酸素を消去します。 ビタミンEは脂溶性で活性酸素を消去する能力があるのですが、ビタミンCはその能力を失ったビタミンEを再生させること…

続きを読む

ビタミンB群について

体内にはホモシステインというアミノ酸の派生物質があり、これが動脈に打撃を与えている。 この物質はメチオニンというアミノ酸から生成される。 メチオニンは、含硫置換基移動と呼ばれる過程でホモシステインに変化する。 最近の研究では、ホモシステインが心臓病の危険性を決定づけるカギであることが立証された。 ホモシステイン値が高いと体内の解毒作用が低下するので、身体に様々な障害がでる…

続きを読む

食物繊維について

現代の栄養学では、食物繊維は5大栄養素の一つである「炭水化物」に含まれます。 栄養学上の5大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミンおよびミネラルです。 かっては、食物繊維は6番目の栄養素と位置付けておりました。 ところが、研究が進み「食物繊維」の有用性が認識され、5大栄養素の一つである「炭水化物」に含まれるに至ったわけです。 数々の研究により食物繊維の有用性が判明…

続きを読む

ユーグレナとは?

ユーグレナ社


1.png 2.png 3.png 4.png 5.png

小林製薬のユーグレナ


小林製薬2.png

小林製薬本社ビル

小林製薬本社ビル 小林製薬株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区
設立 1919年(大正8年)8月22日
資本金 34億5,000万円(2013年3月現在) 従業員数 連結2,204人、単体1,097人(2013年3月)

ヒット商品
「アンメルツ」「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」 「サラサーティ」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」 「消臭元」「ケシミン」「ナイシトール」などの製品を開発し、 テレビCMの放映も相まって、ヒット商品となっています。

スローガンは「"あったらいいな"をカタチにする」
小林製薬は、「今までになかったもの」を作ることをモットーとしています。

小林製薬のサプリメント(栄養補助食品)において特筆すべきは、 医薬品と同等の管理基準を設け、パッケージには全成分を表示し、 着色料・香料・保存料などを無添加としていることです。
小林製薬の言う「製薬会社品質」は、このことを謳った言葉です。