植物ミネラルについて

我々人間は、体内でミネラルを作り出すことができません。

つまりミネラルは、外部から補給する以外ありません。

「じゃあ、つまりミネラルをたくさん摂ればいいのね!」と、「たくさんのミネラルを、安価なサプリメントで摂取しようとする」のは止めてください。

危険です。


「ミネラル」と一口にいっても、種類があります。

ミネラルのタイプには、大きくわけて2種類あります。

このタイプの違いによっては、人体に害をもたらす場合があります。

人体に害をもたらすタイプのミネラルが、「金属ミネラル」です。

「水俣病」などの病気は、この金属ミネラル“水銀”の摂取が原因です。


最も理想とされる「良質のミネラル」というのは、こういった「金属ミネラル」ではなく、
体に害のない植物由来の「植物ミネラル」なのです。


*金属ミネラル

手に入れ易いミネラルは、このタイプです。

吸収率は、8~12%。

吸収率が悪く、摂りすぎると害があります。

にがり・海洋深層水など、一般に出回っているミネラルはいくら自然から採れたミネラルでも「金属ミネラル」にあてはまります。

吸収率をよくしたアミノ酸キレートタイプの金属ミネラルでも、その吸収率は40~60%といわれています。


*植物ミネラル

植物由来のミネラルのことです。

ガラスを通り抜ける程の超微粒子です。

吸収率は、限りなく100%に近いといわれています。

100%天然由来なので摂りすぎによる害もなく、お子様や妊婦さんにも安心です。


「金属ミネラル」と「植物ミネラル」ではミネラルの粒子の大きさが違います。

植物ミネラルの粒子の大きさは、小さいものだと1インチ(2.54cm)の「1000万分の1」の大きさで、これは顕微鏡でも見ることができずガラスを通り抜けるほどの超微粒です。

これに比べて「金属ミネラル」は、植物性ミネラルの「数100倍、数1000倍」の大きな粒子です。

この粒子の大きさの違いは、「吸収率の違い」に直に関係しています。


植物は根酸を分泌することにより、土壌中の不溶性ミネラルを可溶性に変換できます。

つまり植物は、根酸により不溶性ミネラル(金属)をキレート化することにより吸収可能にするわけです。

したがって、植物が吸収したミネラルはキレート化された有機物ということになります。


我々人間は、植物を食べることにより「植物性ミネラル」を摂取するわけです。

繰り返しになりますが、植物を食べることにより摂取するミネラルはキレート化されたものであるため我々の吸収率が高いわけです。

ユーグレナに含まれる9種類のミネラルについて」に戻る。

ユーグレナとは?

ユーグレナ社


1.png 2.png 3.png 4.png 5.png

小林製薬のユーグレナ


小林製薬2.png

小林製薬本社ビル

小林製薬本社ビル 小林製薬株式会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区
設立 1919年(大正8年)8月22日
資本金 34億5,000万円(2013年3月現在) 従業員数 連結2,204人、単体1,097人(2013年3月)

ヒット商品
「アンメルツ」「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」 「サラサーティ」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」 「消臭元」「ケシミン」「ナイシトール」などの製品を開発し、 テレビCMの放映も相まって、ヒット商品となっています。

スローガンは「"あったらいいな"をカタチにする」
小林製薬は、「今までになかったもの」を作ることをモットーとしています。

小林製薬のサプリメント(栄養補助食品)において特筆すべきは、 医薬品と同等の管理基準を設け、パッケージには全成分を表示し、 着色料・香料・保存料などを無添加としていることです。
小林製薬の言う「製薬会社品質」は、このことを謳った言葉です。