アミノ酸とタンパク質について

タンパク質は生物の体を構成している主な成分であり、細胞の主成分でもあります。

またタンパク質は、生きていく上で非常に重要な機能を果たすものです。


例えば、人間であれば筋肉や内臓などの構成成分であり、皮膚の色やお酒に強いか弱いかなどの性質を決めているのもタンパク質です。

さらにホルモン、酵素、コラーゲン、ケラチンなど生物活動を担うタンパク質は10万種類以上もあります。


ところでタンパク質はアミノ酸が長鎖状につながったもので、このアミノ酸の配列によりタンパク質の種類が違ってきます。


そして、遺伝子の命令によりアミノ酸の配列を決めることにより、所望のタンパク質をつくりだしています。


必須アミノ酸について;


必須アミノ酸とは、その動物の体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことです。


ヒトでは、一般に次の9種類が必須アミノ酸です。

・トリプトファン
・リシン(リジン)
・メチオニン
・フェニルアラニン
・トレオニン
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・ヒスチジン


必須アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効に利用されません。

つまり9種類のうち1種類でも含有量の少ないものがあると、それ以外のアミノ酸を有効に利用することができません。

このため、必須アミノ酸をバランスよく含む食物ほどスコアが高いと表現されます。


食品単体ではなく、食事という視点からでは一日のうちの食品中のアミノ酸を合計したものでバランスがとれればよいわけです。


たとえば単体ではバランスの悪い穀物と豆も、組み合わせればバランスがよくなるわけです。


ユーグレナに含まれる18種類のアミノ酸について」に戻る。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーグレナとはなんでしょうか?

ユーグレナとは?

ユーグレナを食べてみた

ユーグレナ社の未来ビジョン