ユーグレナに含まれるマグネシウムについて

心臓病を予防する物質の一つが、マグネシウムです。

この天然のミネラルは、魚介類、オオムギ、ホウレンソウなどに含まれています。

マグネシウムは健康の維持に欠くことのできない栄養素の一つです。

マグネシウムは体を安定させ、リラックスさせる効果を発揮します。

食事から摂るマグネシウムの不足は、心臓病、糖尿病、慢性疲労症候群、喘息、筋肉の痙攣、偏頭痛などの原因になります。

また、骨粗しょう症にも関係があるといわれています。

マグネシウムは、生命の潤滑剤ということができます。

血管をリラックスさせて拡張子、筋肉の痙攣を抑えるうえに、炎症を鎮めてエネルギー消費を効率化します。

どうして、このようなことが起こるのでしょうか?

実は意外と単純です。

マグネシウムは、細胞へのカルシウムの流入を阻害するのです。

マグネシウムとカルシウムは、常に競い合い・助け合いながら体に作用しています。

一方が細胞に流入すると、他方が流出します。

このバランスによって、細胞は余分なものを排出し、必要な栄養素を吸入します。

したがって、サプリメントなどでカルシウムあるいはマグネシウムを摂取するときは、両者セットがよいとされています。

セットで摂取することが好ましいカルシウムとマグネシウムを、双方含有している天然のサプリメントである石垣島のユーグレナは、とても優秀なわけです。

ユーグレナに含まれる9種類のミネラルについて」に戻る。

この記事へのコメント