ビタミンB群について

体内にはホモシステインというアミノ酸の派生物質があり、これが動脈に打撃を与えている。

この物質はメチオニンというアミノ酸から生成される。

メチオニンは、含硫置換基移動と呼ばれる過程でホモシステインに変化する。

最近の研究では、ホモシステインが心臓病の危険性を決定づけるカギであることが立証された。

ホモシステイン値が高いと体内の解毒作用が低下するので、身体に様々な障害がでる危険性がある。

ホモシステインには、ビタミンB6を利用して別の重要なアミノ酸のシステンやタウリンになる変化と、ビタミンB12と葉酸を利用して、再びメチオニンにもどる変化がある。

通常の健康な身体であれば、ホモシステインはメチオニンとシステイン、タウリンに変化する中間体のほんの短い段階に過ぎない。

したがって、健常者であれば重篤な問題は起きない。

しかし、心臓病患者などでは、深刻な問題となることもありえる。

尤も、体内のホモシステインの量を抑える簡単で自然な方法がある。

それは、ホモシステイン値の高さに重要な影響がある葉酸、B6,B12を摂取することである。

サプリメントとして葉酸、B6、B12を補填することにより、ホモシステインをコントロールすることが可能である。

ユーグレナに含まれる14種類のビタミン」に戻る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

ユーグレナとはなんでしょうか?

ユーグレナとは?

ユーグレナを食べてみた

ユーグレナ社の未来ビジョン