ユーグレナに含まれる独自の成分「パラミロン」について

パラミロン1ユーグレナに含まれる「パラミロン」は、アガリクスなどのキノコ類にも含まれているβ-1,3グルカンの一種で、ユーユレナに特有の天然物質です。

これは、ユーグレナだけにしか含まれていないと言われる大変貴重な成分で、ユーグレナの総重量の約10%を占めています。

パラミロン.png


光合成によってつくられた糖を効率よく貯蔵するために作られていると考えられており、この成分は螺旋(らせん)が絡まったような複雑な構造になっています。

表面には無数の小さな穴(ミクロホール)が開いており、中性脂肪やコレステロールなどの不要物を取り込むことが可能と言われています。

例えると、パラミロンの構造は炭のようなものです。

炭は、表面にある多くの溝が臭みの原因となるものを吸い取っているので、消臭効果が高いことが知られていますね。
炭の場合は大気中にある悪臭の原因を吸い取っていくのですが、パラミロンの場合は中性脂肪やコレステロールなどの不要物を吸い取っていくのです。

パラミロンは食物繊維であり、消化されにくいので、腸で吸収されずに便となって体外へ排出されます。

また、パラミロンは油分などの不要な物質を排出するだけでなく、プリン体を摂取した時の吸収を抑制します。

したがって、痛風予防効果や尿酸値を下げる効果があります。

そして、人体に入った有害重金属を排出する作用も持っており、便通を改善して腸の働きを良くする効果があるほか、腸管の粘膜細胞を刺激して免疫機能をアップさせる効果もあります。

他にも様々な働きをすることがわかっており、機能性食品としての活用が期待されています。

食物繊維についての参照記事⇒


ユーグレナに含まれるパラミロン以外の特殊成分」を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーグレナとはなんでしょうか?

ユーグレナとは?

ユーグレナを食べてみた

ユーグレナ社の未来ビジョン