ユーグレナって何?

ユーグレナの和名はミドリムシで、名前に「ムシ」と付くので「虫」をイメージしてしまいがちですが、虫ではなく藻に分類されます。

ユーグレナ植物門、ユーグレナ藻綱、ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間です。

5億年以上前に地球で初めて生まれた微細藻類の単細胞生物です。

とても珍しいことに、ユーグレナは動物性と植物性の両方の性質を持っています。

ユーグレナ1.png


つまりユーグレナは、動物でもあり植物でもあるのです。

ユーグレナの体長はわずか約0.05mmです。

ユーグレナは、パラミロンという独自の成分を持っています。

パラミロンを含む生物はユーグレナ以外に見つかっておりません。


動物的性質をもっており、鞭毛(べんもう)運動をします。

鞭毛という体表面にある糸状の突起を使って動くのです。

そして、同時に植物的性質をもっており、葉緑体により光合成を行います。

「動きまわる藻」と思っていただけたらわかりやすいと思います。


光合成によって成長するので、太陽光と水および二酸化炭素だけで育ち、その栄養素の生産効率はなんと稲の約80倍とも言われています。

生存能力がとても高く、大気中の約1,000倍という高い二酸化炭素濃度の中でも成長します。

このため、地球温暖化対策にも有望です。


動物性と植物性の両方の性質を持っているので、動物性と植物性の両方の栄養素も持っています。

アミノ酸18種類、不飽和脂肪酸13種類の動物性栄養素と、ビタミン13種類、ミネラル10種類の植物性栄養素、さらに特有成分であるパラミロンなどの5種類の特殊成分をバランスよく含有しており、完全栄養素とも呼ばれています。

ユーグレナを摂取すれば植物性、動物性の両方の栄養素を同時に得ることができるので、我々の栄養不足や栄養バランスの乱れを解決する「未来の食材」として期待されています。

体長は小さくとも、たくさんの栄養を含むユーグレナは、今、最も注目されている「生き物」です。


次頁のテーマは「ユーグレナは植物と動物の両方の性質を持っています」です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーグレナとはなんでしょうか?

ユーグレナとは?

ユーグレナを食べてみた

ユーグレナ社の未来ビジョン