どうして今、ユーグレナなのでしょうか?

ユーグレナ(Euglena)は、 ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。

5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物です。

1,660年代オランダの「微生物学の父」と言われた アントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。


ユーグレナ1.png


ユーグレナは、べん毛の近くに、光を感じるきれいな赤い点(眼点)を1つ持っています。

この赤い点が美しい瞳に見えたことから、「ユーグレナ(美しい眼)」と名付けられました。

その後、1,950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らが、ユーグレナを用いて光合成の研究を行い、 1,961年ノーベル化学賞を受賞しています。

ユーグレナ2.png

どうして今、ユーグレナ ユーグレナなのでしょうか?


1,990年代には既に、ユーグレナを使った医療、医薬品の開発、二酸化炭素固定法などについて研究が行われておりました。

しかし、大量培養ができないため、実用化レベルの研究は行われておりませんでした。

つまり、ユーグレナは豊富な栄養素を持つため、 ほかの微生物の格好のエサになります。

そのため、大量培養を試みても、わずかでも細菌や微生物が混入すると全滅してしまいます。

大量に培養することができなかったのです。
大量に培養できないのであれば、研究はできても実用化はできない、と考えられていたわけです。


ところが、東京大学の研究者がユーグレナの大量培養に取り組み、ついに沖縄の石垣島で大量培養に成功いたしました。

これは世界初のことで、石垣島のユーグレナが世界のあらゆる機関から注目されているわけです。

ユーグレナの実用レベルの研究・開発の始まりです。

そして、実用レベルの研究・開発が結実し、ついに、ユーグレナのブームが到来いたしました。

次頁のテーマは、「ユーグレナって何?」です。

この記事へのコメント